VRって素晴らしい!映像を鑑賞するから体感するへ進化させたVR

みなさんAV観てますか?

どうも仕事以外ではAVをほとんど観ることがない喜多郎です。そんなボクが2016年夏にPCVRを手に入れて以来、気づけば大量のVRAVを買っていました。マジやばいですよVR! おかげでKMPやプレステージの作品を初めて買いましたよ!

今回はそんなVRの魅力を皆さんにお伝えしたいと思います。

※本文ではVRのAVをVRAV、モニターで見る従来のAVを「フラットAV」と表現しています

VRの魅力とは?

「鑑賞」から「体感」へ

映像の中に入ってその場にいるような感覚を疑似的に体験できるのがVR最大の魅力です。VRAVであれば憧れの女優さんとセックスしているかのような擬似体験ができるわけです。これは革命ですよ。静止画(エロ本)から進化した動画(エロビデオ)の楽しみ方は、VRによって「鑑賞」から「体感」へと飛躍したわけです。

切実に感触を求めてしまうほどの実在感

VRAVを体験すると「触れないのがもどかしい!」と嘆く人が多いです。フラットAVで感触をほしがったことってありました? 目の前に女性がいて切実に触りたいと願ってしまう、VRはそれほどの実在感を視覚・聴覚で体験させてくれるという証拠なのです。一度VRAVを体験してしまうと今まで見ていたフラットAVでは物足りなくなることでしょう。

3D映像とは比べものにならない衝撃

大手企業が3Dテレビブームを起こそうと躍起になって宣伝しましたが失敗に終わりましたね。ボクも3Dテレビ体験しましたけど「おぉ、飛び出てる」と若干の驚きはあれど買ってまで楽しみたいとは思いませんでした。3Dテレビ買った人も今では普通に平面で観てるって方が大半ではないでしょうか。

VRの話をしてるとあの「失敗に終わった3D」を引き合いに出す人がいるんですよ。でもね、3D映像とVRではインパクトが圧倒的に違いますよ。3Dは画面から飛び出てる感じで、フレームの外は現実世界なわけです。VRは映像の中に入っている感覚なんです。視界を映像でぐるりと囲むことによってさもその場にいるような感覚を味わえるわけです。体験レベルが雲泥の差です。

主観好きは必見

まさか主観映像大好きなのにVR観てない人はいませんよね? VRAVなら観てる貴方が主観映像の主人公になれちゃうわけです。VRAVを体験したら四角い画面の主観映像なんてアホらしくて観てられなくなりますよ。

VRの未来は明るい

しばらくはVRAVユーザーよりもフラットAVユーザーのほうが多い状態が続くでしょう。ただVRの技術革新によってその比率はどんどんかわっていくはずです。それでもAVがすべてVRになることはないでしょうけどね。今でもエロ本が存在しているようにフラットAVもレガシーメディアとして残っていくことでしょう。フラットAVに発展は望めませんが、VRには画質向上による本物かと見紛うほどの視覚体験や感触デバイスの登場などなどワクワクする明るい未来が待っています。長生きしてえ!


VRのデメリット

VRはいいことばかりじゃない! ということで、VRのデメリットもお伝えしておきます。

×観るまでが面倒

たとえばPCVRであればPCを立ち上げて、アプリを立ち上げVRを起動させてゴーグルはめて再生して、となかなかに面倒です。

×画質が低い

視界を囲うほどの映像を再生しなければならないので、平面モニターに比べると画質は低くなってしまいます。

×夏は暑い

ゴーグルをつけるわけですから当然暑いです。汗で曇ったりします。眼鏡の曇り止めは必須ですね。

×ワンパターンになりがち

VRは酔いの問題で固定カメラで撮影する必要があります。自分が座っている静止状態なのに視界が勝手に動き回ると気分がわるくなってしまうのです。よって通常の撮影のようにカメラマンが動き回ることは現段階ではきびいしいわけです。固定カメラでの展開になるのでどうしても同じような内容の作品が多くなってしまっています。

×家族に見られる可能性

視覚と聴覚を塞いでしまうわけですから、ふいに部屋に誰かきても気づかず、そのまま白いものを出して果てた後、ゴーグルを外すと白い目で見られた! なんてことになる可能性があります。


というわけで結論

VRを楽しむ上で面倒な問題もありますが、VRは今までにない刺激的で素晴らしい体験をもたらしてくれるのは事実です。まだの方はさっさと体験してVR童貞を卒業しましょう! スマホを持ってる人は数千円で売ってるスマホ用HMD買えばすぐにVR体験可能ですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です